130.眠くならない風邪・インフルエンザ対策

-主人は仕事柄、車の運転をよくします。風邪を引くと、「眠くなるから薬は飲まない」と言い、よく風邪をこじらせます。(46歳・女性)
 急に冷え込み、咳(せき)をしている人が増えてきました。まずは、風邪をひき込まないための防衛策”睡眠・3度の食事・部屋の加湿”人混みを避け、うがい、手洗いをしっかり”を心掛けましょう。
 そしてさらに、漢方の知恵を持っていたら、アブラナ科・ホソバタイセイの根で、抗ウイルスの漢方と呼ばれる「板藍根(ばんらんこん)」のお茶を飲んでおきましょう。眠くならず、車の運転や勉強に支障が出ないので、仕事中や受験生も安心できますね。また、板藍根のエキスを練り込んだのどアメもぜひ常備してください。
 万一、風邪をひいてしまった場合は、ゾクゾクは「葛根湯(かっこんとう)」、のどがカッカッとしたら「銀翹散(ぎんぎょうさん)」、ムカムカは「かっ香正気散(こうしょうきさん)」-を、症状に合わせて、板藍茶と一緒にできるだけ早く飲みましょう。
 風邪やインフルエンザを持ちこまないように家族みんなで”板藍ブロック!”を心掛け、冬を乗り越えてください。