3.美容と健康の果実・沙棘(サージ)

沙棘(サージ)。聞きなれない名前かもしれませんが、これから化粧品やサプリメントとして、いろいろな形で活用されてくると思いますので、覚えておいてください。

 沙棘は中国の四川・華北省奥地に自生するグミ科の植物です。赤や黄色の果実は"生命の果実""砂漠の人参(にんじん)"と呼ばれチベット医学やモンゴル医学では利用されてきました。

 その果実から取れる真っ赤な油は"美肌油"ともいい、肌を生まれ変わらせる力があります。その秘密は、果実植物トップクラスのビタミンEや野菜の数倍のβーカロチン、不飽和脂肪酸が含まれている点。強い抗酸化作用があり、肌の老化の原因となる体のサビを防ぎ、若々しい美肌づくり役立ちます。また、沙棘油には血管を柔らかくするフラボノイドも豊富。血行が良くなり、肌の新陳代謝もスムーズに行われます。

 飲んでも塗ってもいいこの油は、その粘膜修復作用を期待して中国では、潰瘍(かいよう)やニキビ後のケア、色素沈着にも応用しています。しっとりした美白の手助けというわけです。

 また沙棘には、油だけでなく、果汁エキスや果皮、果肉にも注目すべき成分があります。果汁エキスにはビタミンCおよびアミノ酸・ミネラルが高濃度に含まれていて、美白には更なる効果を加えます。そして果皮・果肉にはイチョウ葉に勝るフラボノイドが含有されていて、心臓や血管の健康を守る働きがあります。