73.体質別の花粉症対策

ー花粉症の症状が出始めました。妊婦なので、できるだけ薬を飲みたくありません。よい漢方があれば教えてください。(28歳・女性)
 まず、漢方もお薬だということだけは、しっかり認識しておきましょう。服用に際しては、きちんと専門家に相談することが大切です。
 花粉症は、症状が出てしまってからは抑えることが優先。眠気も出ず、妊婦さんでも安心して服用できる漢方を、体質別にいくつか紹介します。
 漢方では「寒体質」と「熱体質」に分けてオーダーメードの治療を行います。水っぽい鼻汁が多い、鼻が詰まる、くしゃみが出る、のどの痛みはなく目も赤くない人は寒体質。このタイプには、最もポピュラーな鼻炎の漢方「小青竜湯(しょうせいりゅうとう)」が良いでしょう。涙目、くしゃみ、鼻汁、タンや鼻詰まりなどの症状を改善し、体を温め乾燥させる効果があります。前回の「https://www.futabakanpo.co.jp/posts/(えいえきかりゅう)」を組み合わせるとさらに効果的。https://www.futabakanpo.co.jp/posts/は胎児を安定させる作用も併せ持ちます。また体が熱っぽく、目・鼻・のどの粘膜が腫れ、目がかゆく、鼻汁も黄色く粘ついている「熱体質」の人には、風邪薬としても使う「https://www.futabakanpo.co.jp/posts/(てんしんかんぼうへん)」がお勧め。
 そのほか、一時話題になった「https://www.futabakanpo.co.jp/posts/(てんちゃ)」を飲んでいる人も多いと思いますが、商品によって品質に差があるので詳しくはご相談ください。
 外出の際のマスクなど、基本的な対策をしっかり取って、花粉の季節を突破しましょう。