どうすれば”血液サラサラ”になりますか

テレビ等でも”血液サラサラ”の重要性を訴えることが多くなっています。血は清流のようにサラサラと流れ、体の隅々まで行き渡ることで、私たちの健康は維持されます。
血液には、全身の細胞に酸素を届ける、細菌やウイルスから守る、栄養を臓器に運ぶ、体温を保つなどの大切な働きがあります。ですから肌荒れや風邪を引きやすい、内臓が弱い、冷え性といったことも、血がうまく流れていないために起こっていると考えられます。
血液をサラサラにするために普段の生活で心掛けたいのは、まず食事。EPAやDHAが豊富な青魚、ニンニク、タマネギ、セロリなどピラジンが豊富な香りの強い野菜を毎日の食卓に取り入れましょう。
運動も大切。ウォーキングや水泳、軽い体操など、呼吸をしながら行う有酸素運動によって、筋肉の隅々まで酸素が行き渡ります。
また、人は緊張すると、血中のブドウ糖やコレステロール、脂肪酸を増加させ、戦闘態勢に入ります。つまりストレスがたまっても巡りは悪くなるのです。
血液循環の改善薬として、最近、足の裏マッサージが良いといわれますが、手の指先でも試して下さい。「指先を使う人はぼけない」というように、指先の末梢神経を刺激することでも毛細血管は広がり、全身の血流が良くなります。
そして、中国が心臓病の特効薬として開発した「冠心Ⅱ号方」を飲みやすい顆粒(かりゅう)タイプに改良した「https://www.futabakanpo.co.jp/posts/」は、今まで挙げた方法をサポートする素晴らしい中国漢方です。