猛暑が続き、主人の熱中症が心配です

 働き盛りの中高年の夏の健康管理にも漢方が役立ちます。日ごろは運動不足なのに、レジャーで急に張りきって炎天下で大量の発汗をしたりすると、血液の流れを悪くしたり、血の塊を作ったりします。漢方では"汗は心の涙"といい、汗のかき過ぎは体液の消耗とともに心臓のエネルギーも失ってしまいます。血液が詰まりやすくなっているところに、心臓の働きが低下するのですから、生命の危険にもさらされるわけです。

 今、熱中症の予防法がテレビなどでも紹介されていますが、水分の摂取は確かに必要なこと。しかし、ただ水分を取っているだけだと、お腹がチャポチャポして、食欲が減退したり、体が重だるくなってきたりします。漢方では、水分の取りすぎによる「湿」の過剰も、夏ばての原因となると考えています。

 「麦味参顆粒(ばくみさんかりゅう)」は、"飲む点滴"といわれる中国漢方で、人参(にんじん)、麦門冬(ばくもんどう)、五味子(ごみし)という3種で構成。人参には汗とともに失われたエネルギーを補い、体力や心臓機能を高める作用があり、麦門冬、五味子には体液を作り、漏れを防ぐ作用があります。夏はこの麦味参顆粒を、外出前に、またポケットにしのばせ、いつでも飲めるようにしておくことをお勧めします。