107.漢方のノロウイルス対策

ー小学校や保育園で、ノロウイルスに集団感染したというニュースを耳にしました。私も、小学生の子どもが2人いるので心配です。漢方の予防・対処法はありますか。
                   (34歳・女性)

 冬、風邪やインフルエンザとともに心配なのがノロウイルスの感染。感染性胃腸炎の原因となるウイルスで、主な症状は、吐き気、嘔吐(おうと)、下痢(げり)、腹痛など。軽い風邪のような症状が現れる場合もあります。
 実は当薬局でも今、ノロウイルスの対策の漢方についての問い合わせが増えています。そんなときご紹介しているのが、”抗ウイルスの漢方”と呼ばれ、風邪やインフルエンザ対策でもおなじみの「https://www.futabakanpo.co.jp/posts/」。人ごみに入った後には、うがい・手洗いとともに、るのが、”抗ウイルスの漢方”と呼ばれ、風邪やインフルエンザ対策でもおなじみの「https://www.futabakanpo.co.jp/posts/を忘れずに。るのが、”抗ウイルスの漢方”と呼ばれ、風邪やインフルエンザ対策でもおなじみの「https://www.futabakanpo.co.jp/posts/はそのまま飲んだり、うがいに使ったり、エキスを練りこんだ飴(あめ)をなめたり・・・とさまざまな形で手軽に利用できます。胃がムカッとしたり、身近な人が感染している場合は、漢方薬の「https://www.futabakanpo.co.jp/posts/」をるのが、”抗ウイルスの漢方”と呼ばれ、風邪やインフルエンザ対策でもおなじみの「https://www.futabakanpo.co.jp/posts/と併用するとよいでしょう。
 また、免疫力が低下していう高齢者の風邪や肺炎対策の問い合わせも増えています。”飲む点滴”「るのが、”抗ウイルスの漢方”と呼ばれ、風邪やインフルエンザ対策でもおなじみの「https://www.futabakanpo.co.jp/posts/」、皮膚や粘膜に潤いをもたらす「https://www.futabakanpo.co.jp/posts/」を、板藍茶と併用することをお勧めします。