8.4月の敏感な胃腸に

4月の敏感な胃腸に「開気丸」春は青々と木の芽が吹き、自然界が大きく変化を起こす季節です。「青春」というように春の色は青です。青は静脈血の色であり、血液の貯蔵庫である肝の色でもあります。肝は「肝っ玉
のすわった人」というようにストレスと関係の深い臓器です。 そして春は、この肝の負担が大きく、精神的にも病変を起こしやすい季節でもあるのです。例えば4月は新しい職場や学校、ご近所付き合いの悩みや不安が多くなります。そんなとき、胃が痛む、おなかが張る、下痢をする、または下痢と便秘を交互に起こすなどの胃腸障害が現れやすくなります。
では、春をどのように過ごすと良いのでしょうか。まず、朝は早く起き、散歩やスポーツで全身の筋肉をゆるめ、気分をリラックスさせること。そして食べ物は酸っぱいものを少なくし(酸味の取り過ぎは肝を傷つける)、甘い物を適当に食べ、胃腸の元気を養うようにします。お酒は当然飲み過ぎないように。
中国漢方では、この時期の胃腸障害には、痛みや下痢止めなどの局所治療だけでなく、肝の働きを高め、ストレスに対する抵抗力を強くして胃腸の具合を整えます。このとき使うのが「開気丸(かいきがん)」です。 開気丸には、香りの強い薬草が多く配合されています。木香(もっこう)、枳殻(きこく)、厚朴(こうぼく)、陳皮(ちんぴ)などには、うっ滞した「気」をスムーズに流すことで胃腸の働きを整え、腸内のガスを取り除く作用があり、また延胡索(えんごさく)には、優れた鎮痛作用があります。
4月になって環境の変化に伴い、目が疲れたり、落ち着いていた血圧が急に上昇したという人には「杞菊地黄丸(こぎくじおうがん)」、イライラ感が強いという方には「逍遥丸(しょうようがん)」がお勧めです。