10.正常な生理とは-漢方で快適な更年期を

女性の生理は他人と比べにくいものですから、生理痛一つにしても[みんなこんなもんだ]と思っている方が多いのですが、いかがでしょう・。では、正常な生理とは、どんな状態をいうのかご紹介します。
周期=普通は28日プラスマイナス7日で、周期は一定▽期間=完全に終わるまで5-7日で、1日目はやや少なく、2、3日目は多く、徐々に少なくなる▽量
=最低30-120リットルくらい▽おりもの=生理前2、3日と14日前後(排卵期)に透明なものが少し分泌される▽質=色はやや暗めで、生理血に固まりはない▽生理痛=ほとんどないのが正常▽伴う症状=少々の不快感は伴うが、寝込んだり痛み止めを服用することはない・というのが、正常な生理です。
生理痛だからといって、痛み止めばかり飲んでいるわけにはいきません。何か症状があるということは、女性としてのバランスが正常でないと考えられます。
中国漢方では、例えば生理血に固まりがある方は「お血(おけつ)」があるとされ、生理痛、子宮筋しゅなどになりやすいといわれています。ということは、「お血」を取り除くことによって、これらを予防できるということになるわけです。
中国で飲みやすく作られた漢方薬を「中成薬」と呼びますが、その中成薬では、貧血、生理痛、冷えの強い方には「婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)」(婦宝 試飲サンプル)、胃が弱く生理がダラダラと続く方には「帰脾錠(きひじょう)」、血液循環の悪い方には「冠元顆粒(かんげんかりゅう)」などが使われます。また、生理前のイライラ、首筋のこり、更年期障害には「逍遥丸(しょうようがん)」、ひどい肌荒れやシミには美肌油とも呼ばれる「紅沙棘(ほんざーじ)」があります。 ◆このコーナーのアドバイスは「ふたば漢方薬局」の薬剤師・緋田(ひだ)さんです。詳しい問い合わせはTEL0120(281)128(〒700-0971野田3-16-31)へ。