178.ネットで話題の〝パンダののど飴〟

 ―今年はインフルエンザの流行が例年より早いようで、対策をネットで調べていたら、ツイッターで話題の漢方ののど飴(あめ)が目に止まりました。どんな飴なのか気になります。(30歳・女性)

 「ツイッターで話題になっていたので、私も試したい」という人が、当薬局にも1週間で3人おられ、問い合わせも増えています。特に今年は首都圏でインフルエンザの流行が早く、「板藍(ばんらん)のど飴」が〝パンダののど飴〟としてインターネットで話題に上りました。
 板藍のど飴は、抗ウイルス消炎作用を持つ板藍根(アブラナ科・ホソバタイセイの根)のエキスが練り込まれています。
のど飴の良いところは、いつでもポケットから出してなめられる手軽さ。人混みや乗り物の中など換気の悪い所で、周囲の人がセキをしていたり、ノドがおかしいなと感じたとき、マスクとともに即対応できます。
 風邪もインフルエンザも感染予防の基本は免疫力を落とさないこと。同時にウイルスが体内に入り込まないよう素早く〝水際〟で防ぐこと。そうした対策に飴の手軽さが役立っています。外出から帰ったら、うがい・手洗い、板藍茶を飲めばさらなる予防になります。
寒気到来、この冬も漢方で乗り切りましょう。