67.日焼けのケアは体の内と外から

 [b]ー外出するときは、日焼け止めを塗って、長袖に日傘、手袋・・・。万全のつもりでしたが、今年もやっぱり日に焼けてしまいました。どんなケアをすればいいか、教えてください。(34歳・女性)[/b]  今年は猛暑で日差しも強く、日焼けによるシミや肌のくすみに悩んでいる方も多いですよね。シミ・ソバカスは、肌の新陳代謝が低下して皮膚の再生が滞り、メラニンが表皮に残ることによってできます。
 気になるスキンケアですが、「https://www.futabakanpo.co.jp/posts/(サージ)」オイルが主成分のクリーム「https://www.futabakanpo.co.jp/posts/」を塗るとよいでしょう。果実植物トップクラスのビタミンEや野菜の数倍のβーカロチン、不飽和脂肪酸を含み”美肌油”の別名を持つサージは、中国奥地に生息するグミ科の植物。皮膚の再生を促し、肌の老化を抑制する効果が期待できますよ。
 オイルだけでなく、果汁エキスにはビタミンC、アミノ酸、ミネラルが高濃度に含まれ美白効果が。さらに、果皮・果肉は、血液の循環を促すフラボノイドが豊富です。
 また、シミの緩和には、”婦人の聖薬”と呼ばれる「https://www.futabakanpo.co.jp/posts/(ふほうとうきこう)」もお勧め。体を温め、肌の新陳代謝を促す効果があります。くせのないシロップ状で、紅茶やコーヒーに混ぜて飲んでもOK。