69.腰・背中の痛み、関節痛に独歩丸

ー冷えてくると、ひざ関節がうずきだします。腰や背中の痛みもあり、外出するのもままなりません。何か良い漢方はありませんか?(62歳・女性)

 冬場や雨の日には、冷えと湿気によって、腰・背中の痛み、関節痛、下肢のしびれが悪化しやすくなります。それらの症状を緩和してくれる漢方が、「独活(どっかつ)」を主に、16種類の植物性生薬を配合した「https://www.futabakanpo.co.jp/posts/(どっぽがん)」。消炎、鎮痛と関係したホルモン分泌を促す腎機能を高める働きがあります。
 独活は、山菜としておなじみのウドのこと。大きいばかりで役に立たないものの代名詞のようにいわれていますが、薬用としては有用で、根茎部は古くから漢方薬として使われているんですよ。文字通り、”いつまでも独(ひと)りで歩きたい”という願いをかなえる、心強い味方になってくれるでしょう。
 また、日本でも最近注目されだしましたが、中国では、リウマチの治療に食用アリの漢方薬をよく使います。アリは、亜鉛・カルシウムなどのミネラルやアミノ酸を豊富に含み、優れた抗炎症・鎮痛作用が。薬用として養殖された黒アリに、ハトムギなどの植物成分を配合した「https://www.futabakanpo.co.jp/posts/」という錠剤タイプの漢方があるので、試してみてはいかがですか。