148.漢方で体の内と外から”水虫対策”

-日中の気温が急上昇した先日、ムズムズと足がかゆくなり、深夜まで寝つけませんでした。治まっていた水虫が再発かな?漢方で改善できませんか。(30歳・女性)

 水虫は白癬(せん)菌と呼ばれるカビの一種で、角質の中にあるたんぱく質を好み、生命力が強く、高温多湿で繁殖します。漢方では「皮膚は内臓の鏡」と考え、体の中と外から改善していきます。
 水虫の場合、湿度・温度(外因)だけでなく体内の抵抗力(内因)も大きくかかわり、ストレスから体に変調をきたすと、水分代謝が低下。余分な水分(湿濁)がたまりやすくなり、胃腸障害を起こしたり血液循環が悪化したりします。そうした抵抗力の落ちた人、汗をかきやすい、疲れやすい、水太りしやすい、むくみやすい、甘いものが好き、舌に厚いコケが表れる人は注意が必要です。
 中国ではポピュラーな水虫薬「華陀膏(かだこう)」は近年、日本の女性が旅先で紹介され、探して当薬局に来られる方が増えています。ジュクジュクとカサカサのどちらの水虫も使え、おまけにかかとのカサカサ改善にもなります。一方、体の湿濁を取り除き、カラッと新陳代謝を活発にする「勝湿(しょうしつ)顆粒は”体のドライクリーニング”といえます。