20.「トウキ」でカサカサ肌もピカピカに

 もっと美しくなりたい?、女性の永遠の願いです。中国では、揚子江中流周辺の女性が美しい、特に肌がきれいだと言われています。この地域の女性は当帰(トウキ)という漢方薬を飲む習慣があるからです。

 血液は体の中を川のように流れています。酸素や栄養物はこの川のお陰で、隅々の細胞に届けられて、健康とみずみずしい肌が維持されています。では、長い間雨が降らなくて水量不足を起こしたらどうでしょう。細かい枝分れした川は干上がり、進めなくなります。これを血の不足、血嘘(けっきょ)といいます。そして、大雨で堤防が決増したのが出血、土砂が流れ込み流れが悪くなった血の滞りをお血(おけつ)といいます。どの状態になっても、酸素や栄養物は運ばれなくなってしまいます。そうすると、手足は冷え、肩が凝り、目にクマができて、肌はカサつき、シミが目立ち・・・美しさとはほど遠くなってきます。

 川の水量不足は補い、堤防の決壊は修復・強化し、川底の土砂は掘り出し、流れを回復してあげなければなりません。この働きを補血・止血・活血といい、このすべてに役立つのが、当帰なのです。そのため、生理で血を失う女性にとって、当帰は「女性の宝・美容の女王」と呼ばれます。

 この当帰をたっぷり含んだシロップ状のとてもおいしい漢方が「婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)」です。(婦宝 試飲サンプル