76.精子を元気にするには・・・

ー結婚して2年。なかなか妊娠しないので婦人科を受診しましたが、特に異常は見つかりませんでした。(30歳・女性)
 当薬局にも妊娠を希望される女性がよく相談にいらっしゃいますが、不妊の半数近くは男性側にも原因がある(男性不妊)といわれています。明治時代と比較して、精子数は半分ほどに減っているという説もあるほど、今、男性の精子に元気がなくなってきています(精力減退)。
 精巣が精子を作り出すには、体温より数度低い状態が最適。しかし最近はやりのぴったりとしたブリーフやジーンズは、熱がこもるので精巣の温度を上げてしまいます。子供が欲しいと思われているなら、”ふんどし”とまでは言いませんが、風通しのよい服装がいいでしょう。下着はブリーフよりもトランクスがお勧め。そして、熱い温度での入浴やサウナは控え、タバコをやめ、お酒の飲み過ぎには注意してください。またインスタント食品やジャンクフードばかりの食事だと、性機能にとって大切なミネラルの亜鉛やセレンが不足してしまいます。
 そこで、男性で精子を強くしたい方、女性で卵子の質を良くしたい方にお勧めなのが「https://www.futabakanpo.co.jp/posts/」。中国の有名な漢方薬「聚精丸(じゅせいがん)」を改良し、精子に元気を与える食材として中国薬膳料理に使われるニベ科の魚の浮き袋「魚鰾(ぎょひょう)」を中心に、枸杞子(くこし)、沙苑子(しゃえんし)、酒黄精、マカの5種類を配合したもので、飲みやすい粒状になっています。