224.感染症の重症化対策は微小循環改善

主治医から「11月は急激な血圧上昇に十分注意を」と言われています。普段から朝晩の血圧は高いのですが、昼間はそれほどではありません。年齢のこともあり、感染症の重症化も心配で、漢方で血圧を安定させられるでしょうか。(60歳代・女性)

 血圧の変動が激しく、降圧剤を飲むと下がり過ぎてフラフラしたり、気分が悪くなるなど、コントロールがうまくいかない人が漢方薬を求めて来局されることがあります。少し痩せたタイプの人が多く、逆によく太った人は意外に薬でコントロールできています。高血圧は、原因となる疾患が別に存在することがあるので、まずは病院で受診を。その結果、明確な原因がないのに血圧変動が激しく、下がなかなか下がらないという人には漢方が役立ちます。
太っていないのに徐々に血圧が上がってきて変動が激しい人は、年齢とともに体の水分が減り、血液も粘り、そのため気が上っているというタイプ。のぼせたり、目が疲れたりするけれど、腰から下は冷えたりしています。
そんな人には、微小循環(毛細血管の流れ)を改善する冠元顆粒(かんげんかりゅう)杞菊地黄丸(こぎくじおうがん)の併用を。
さらに、心配なコロナウイルス重症化の基礎疾患は、高血圧・糖尿病・心臓病などの循環障害にかかわる疾患です。漢方とともに運動と食事も大切です。
減塩を心掛け、大豆などのタンパク質、魚と野菜、海藻を摂取することを心掛けましょう。