210.食欲の秋の漢方

―秋は、美味しいものがいっぱい!常備漢方を教えてください
                      (38歳・女性)

 夏に向かってダイエットしてきた人も〝味覚の秋〟
〝食欲の秋〟には勝てませんね。
動物は、本能で冬に備えてしっかり食べるともいいます。
 食べ過ぎ、飲み過ぎ、脂っこいものが大好きという人で、胃もたれや体重増加が心配な人には、「晶三仙(しょうさんせん)」という漢方の常備をお勧めしています。
 「晶三仙」は商品名で、「焦三仙」という植物性酵素。
麦芽、山ざ子(さんざし)、神麹(しんぎく)を組み合わせた漢方で、麦芽はご飯や麺類などのでんぷん、山ざ子はバラ科植物の実で、神麹はお酒や宿食(未消化の物)の消化を助
け、おなかをスッキリさせる働きがあります。
胃だけでなく腸の働きもサポートしてくれるので、よく夕食が夜8時以降になる人にはお勧め。
「晶三仙」を夕食後2包を飲むと、胃腸だけでなく睡眠も深く快適。甘酸っぱい味で飲みやすく、携帯にも便利ですよ。
 ダイエット後のリバウンド対策にも有効で、さらに積極的なダイエットを望むなら「晶三仙+三爽茶(さんそうちゃ)」を。
三爽茶は「家畜が食べるとやせてしまう」という柳茶です。