暑い日も冷たいものを食べないようにするのですか?

ご質問の方が、どの様な体質であるかが分かりませんので、一般的なお答えをさせていただきます。中国漢方では夏の熱さを「暑邪」といいます。暑邪は発汗過多により体液を消耗します。このとき、体液だけでなく、気力、つまりエネルギーも消耗してしまいます。だから疲労感を感じるようになるのです。こんな時は余分な熱はさまし、十分に水分と栄養(気)を補給しなければなりません。ただ、この時に忘れてはならないことは、余分な熱をさますだけで充分ということです。外は38度でも、部屋で1日クーラーにあたっていませんでしたか?

一方、冷たいものを余分に取り過ぎると、胃腸の働きを低下させ、今度は水分の代謝障害から"湿邪"という余分な水をかかえてしまいます。この"湿邪"は、重い、粘いという性質を持っているので、体がむくむ、重だるい、頭が重いなどの症状が出るとともに、食欲が落ち、むかついたり、下痢しやすくなります。

夏バテというのは、暑さだけが原因でなく、冷たいものの取り過ぎや、クーラーによる冷えすなわち
「暑中の寒」が原因なのです。

前述の体液と気力の消耗、すなわちからだの夏バテには、先月も紹介しました麦味参顆粒(ばくみさんかりゅう)が効果的です。熱中症の予防にもなります。冷たいものの取り過ぎによる、胃腸の夏バテには、勝湿顆粒(しょうしつかりゅう)が、余分な湿邪を取り除き、シャキッとしてくれます。この様な人は、日ごろから油っこいもの、甘いものを控えめにし、適度の運動で汗をかくように心がけてください。