夫の精力減退が気になります

最近、Eメールでの相談で、若い方の勃起力不足に関する真面目な質問が増えています。なかなか、店頭では相談しにくいようですね。過大なストレスや食品添加物、環境ホルモンの影響が大きいようです。

 まず、一般に精力剤といわれるものの中でも、ホルモン剤などのホルモンを外部から供給する類のものは、若い方は安易にご利用にならない事です。外から足すのではなく、男性ホルモンの製造能力を高める漢方を利用しましょう。

 中国漢方では、ホルモン分泌の機能や精子の量、活動率は「腎(じん)」の働きと考えます。年齢より早く腎の機能が低下した状態を「腎虚(じんきょ)」と呼び、補腎薬とよばれる漢方で高めることができます。海馬補腎丸(かいまほじんがん)や至宝三鞭丸(しほうさんべんがん)などが代表的です。

 また、外食やインスタント食が多く、気力までもが失われているようでしたら、亜鉛不足からくるホルモンのバランスの崩れを疑ってみてください。年齢にかかわらず、亜鉛不足は精力・気力を奪います。亜鉛の多く含まれる食品(カキなど)を積極的に取ったり、亜鉛の多く含まれた食用アリの漢方海藻からとった亜鉛製剤を利用するなどが精力的にも効果的といえます。